GoToSeven Blog

インディーゲーム制作集団 GoToSeven の情報や報告などを発信します!

インディーゲーム制作集団 GoToSeven のブログ

東京ゲームショウ準備編 ~Pandoraid iOS初申請&リジェクト昔ばなし~

むか~しむかし、岡山のとある山奥に

f:id:GoToSeven:20170601115642p:plainVeLTiNAどん

と言うけったいな個人ゲーム開発者がおったそうな・・・

 

そんなある日の事、VeLTiNAどん宛に東京ゲームショウ インディーゲームコーナー事務局」からiOS/Android向け最新作 Pandoraid(パンドライド)」出展の書状が届いた。

f:id:GoToSeven:20181005071536p:plain

www.youtube.com

 

VeLTiNAどんは大層よろこび、小躍りしながら9月20日~23日開催の東京ゲームショウを楽しみにしておったが、8月末になっても「iOS版」のストア公開申請がまだじゃった。

 

VeLTiNAどん「そろそろPandoraidのiOS版公開して、チラシを作らにゃならんべ。」

 

そう言うと、VeLTiNAどんは素早くMacbookAirを取り出し、XcodeからiOSアプリを華麗に作成。あっという間にAppStoreに申請を済ませたんじゃ(※1)

f:id:GoToSeven:20181005075606j:plain

 

VeLTiNAどん「これでええ、数日後には公開されとるじゃろう。「Pandoraid」はギャンブル要素もないし、過激な表現もない。審査で厳しいとお馴染みのAppleどんと言えど、リジェクト(申請却下)はせんじゃろう。」

 

そう言うと、VeLTiNAどんは公開を楽しみに床についた。


そして翌朝、Appleどんから書状が届いておった。

 

VeLTiNAどん「なんじゃあ、もう公開されたんか!」

 

ワクワクしながら、書状を開くと「リジェクトのお知らせ」じゃった。

 

VeLTiNAどん「な、なんでじゃ!!」

 

リジェクトの細かい内容全て英語じゃったが、メタデータ」の問題じゃった。

 

 

2. 1 Performance: App Completeness

 

Guideline 2.1 - Information Needed

 


This type of app has been identified as one that may violate one or more of the following App Store Review Guidelines. Specifically, these types of apps often:

 

1.1.6 - Include false information, features, or misleading metadata.
2.3.0 - Undergo significant concept changes after approval
2.3.1 - Have hidden or undocumented features, including hidden "switches" that redirect to a gambling or lottery website
3.1.1 - Use payment mechanisms other than in-app purchase to unlock features or functionality in the app
3.2.1 - Do not come from the financial institution performing the loan services
4.3.0 - Are a duplicate of another app or are conspicuously similar to another app
5.2.1 - Were not submitted by the legal entity that owns and is responsible for offering any services provided by the app
5.2.3 - Facilitate illegal file sharing or include the ability to save, convert, or download media from third party sources without explicit authorization from those sources
5.3.4 - Do not have the necessary licensing and permissions for all the locations where the app is used

 

Before we can continue with our review, please confirm that this app does not violate any of the above guidelines. You may reply to this message in Resolution Center or the App Review Information section in App Store Connect to verify this app’s compliance.

 

Given the tendency for apps of this type to violate the aforementioned guidelines, this review will take additional time. If at any time we discover that this app is in violation of these guidelines, the app will be rejected and removed from the App Store, and it may result in the termination of your Apple Developer Program account.

 

Should you choose to resubmit this app without confirming this app’s compliance, the next submission of this app will still require a longer review time. Additionally, this app will not be eligible for an expedited review until we have received your confirmation.

 

 

 

Since your App Store Connect status is Metadata Rejected, we do NOT require a new binary. To revise the metadata, visit App Store Connect to select your app and revise the desired metadata values. Once you’ve completed all changes, reply to this message in Resolution Center and we will continue the review.

 

 

VeLTiNAどん「ワシが何をしたというんじゃ!」

 

早速、Google先生を通し翻訳していくと奇妙な一文がでてきおった。

2.3.0 - Undergo significant concept changes after approval

  

「承認後、重大なコンセプトの変更がある」という内容じゃった。

 

VeLTiNAどん「初めての申請なのに、バカこくでねえ!他のアプリと間違えとるんでねえか!?

 

他にも、支払いに関する事、ギャンブルサイトへのリンクの事、ローンの事など、全く身に覚えもない話が続いておった。(※2)


VeLTiNAどん「駄目じゃ!このままでは東京ゲームショウに間に合わん!急いで再審査をしてもらうんじゃ!」

 

f:id:GoToSeven:20181005075956p:plain


VeLTiNAどんは東京ゲームショウに間に合うよう、Appleどんに頼み込んだ。


-そして数日後、Appleどんから再び書状が届いた。

 

早速、VeLTiNAどんは内容を確認したが、良い返事は書いておらず、Appleどんは「メタデータ」を理由に、再審査すらしてくれなんだ・・・

 

VeLTiNAどん「リジェクト理由に身に覚えはないが、説明するしかないんかのぅ・・・
これでAppleどんの気がすんで、再審査してくれるんじゃろうか・・・」

 

この時すでに9月7日。ストア情報を載せたチラシはもう間に合わんかった・・・(※3)

 

VeLTiNAどんは意気消沈のまま、Google先生を通し翻訳文をAppleどんに送った。


メタデータに対する回答、ガイドライン違反はない事、東京ゲームショウが近づいておる事、全てを書いて送ったんじゃ。

 

Dear App Store Review Team


I will reply to the previous review.
I hope the misunderstanding will be resolved.

>1.1.6 - Include false information, features, or misleading metadata.

Changed misleading explanations and keywords.


>2.3.0 - Undergo significant concept changes after approval

After approval ??
The last time is the first application.


>2.3.1 - Have hidden or undocumented features, including hidden "switches" that redirect to a gambling or lottery website

I will not connect to gambling or lottery website. There is also no such function.
It will not be displayed even in advertisements.


>3.1.1 - Use payment mechanisms other than in-app purchase to unlock features or functionality in the app

It is a free game with advertisement.
There is no in-app purchase.
There is no purchase outside the application.
I also do not induce purchase.


>3.2.1 - Do not come from the financial institution performing the loan services

It is unrelated to financial institutions and loan service.
There is no such function or induction.
It will not be displayed even in advertisements.


>4.3.0 - Are a duplicate of another app or are conspicuously similar to another app

It is on Android first. Is that it?
This application is a game chosen as a Tokyo game show by other game developers.
I think that there are not many similar games.


>5.2.1 - Were not submitted by the legal entity that owns and is responsible for offering any services provided by the app

It is a work of my personal development team "GoToSeven".
I am participating in the name of "VeLTiNA".
Therefore, we retain all licenses and copyrights.
There is no infringement of license and copyright.


>5.2.3 - Facilitate illegal file sharing or include the ability to save, convert, or download media from third party sources without explicit authorization from those sources

There is no such function.


>5.3.4 - Do not have the necessary licensing and permissions for all the locations where the app is used

There is no such function.
There is no function requiring cash.


We do not violate these guidelines.
I am allowing children to play with confidence.


We will exhibit at Japan's biggest game event "TOKYO GAME SHOW"!

*TOKYO GAME SHOW 2018 Official Site (Exhibitors List)
https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/business/en/map/list_en.html

Please find the name of my team "GoToSeven".
There are "Pandoraid" in the exhibition title and "iOS" on the platform.

Name:TOKYO GAME SHOW 2018
Event date:2018.9.20(THU)-23(SUN)
Venue:Makuhari Messe(Japan)
URL:https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/

Please review once more!
There is no time until the Tokyo Game Show!

 

 

-それから1週間後、9月15日の事じゃった。

 

Appleどんから書状が届いた。

 

そこに書かれていたのは「Welcome to the App Store

 

こうして、「Pandoraid」のiOS版がリリースとなった。

 

f:id:GoToSeven:20181005081319p:plain

・・・東京ゲームショウ開催5日前の出来事じゃった。ちなみに公開は4日前の16日だった。

 

 

 


と、言うわけで・・・

 

2018年9月16日、個人開発チーム「GoToSeven(ゴートゥセブン)」より、
ローグライク・アクションRPG「Pandoraid(パンドライド)」を、App Storeでも公開しました。

 

Pandoraid (パンドライド)

Pandoraid (パンドライド)

  • Atsushi Kawaguchi
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com

 

最後にReviewガイドラインの日本語訳ページ

App Store Reviewガイドライン - Apple Developer

 

※1 実際は数週間格闘しっぱなし。Xcodeでエラーを吐くたびに英語で検索したり大変。(今でも)
※2 当時は疑問だったが、今考えるとアプリ自体ではなくデリケートな広告(ギャンブル、消費者金融、出会い系、ダイエット等々)を表示してないかの確認だったように思う。
※3 ただし予防策はとってチラシ作りをしていた。iOS表記はあるが「リリース(Release)」とは書かない。最悪予約ページを設けるつもりだった。

 

f:id:GoToSeven:20181005080557p:plain

 

HP1の勇者の開発話

f:id:GoToSeven:20170601111207p:plain

f:id:GoToSeven:20170601115642p:plain

おまっとさんでした!

GoToSevenのディレクター兼デザイナー

VeLTiNAです。

 

Unity1週間ゲームジャム参加

 

f:id:GoToSeven:20180612175616p:plain

久しぶりに「Unity1週間ゲームジャム」に参加しました!

 

前回、勝手に「2週間ゲームジャム(?)」をしてしまったので、今回は1週間で終わるよう開発してたのですが・・・。

 

まぁ・・・間に合いませんよね!
6/9の同人ゲームフェスに出展する関係で丸1日潰れてましたと言い訳して・・・。

 

アイディア

今回のテーマ「ぎりぎり」と言う事で、何がいいかなーと、ストロングゼロ片手に考えていました。

レモン味とピーチ味が好き。

 

メインのアイディア

・生命がぎりぎり

その理由付けとして・・・

 ⇒後一撃で死ぬ

 ⇒時間的に死が近い

 ⇒何かしないと死ぬ状況

補足のアイディア

・ぎりぎりな状況

 ⇒絶望的な状況で何かする

 ⇒間一髪で助かる・助ける

 ⇒丁度を目指す

 

最終的な企画

まとまったのが「HP1の勇者が、敵の攻撃をぎりぎり避けて敵を倒す」というもの。

グラフィックは、既に作っている「Wish Dragon+」から持ってきた。

 

モック作業

次に、プログラマー説明用にモックを作る作業へ入る。

 

ちなみに モック つくらないと プログラマーおこる

ワタシ モック にがて つくるタイヘン

ストロング ゼロ のむ

 

f:id:GoToSeven:20180612184043p:plain

何だかんだでモック完成。

 

ゲームプレイ

”単純に”敵の攻撃避けるゲーム”では楽しくないので、テーマに沿って「ぎりぎりで避けると、敵に与える攻撃力が上がる」というルールを用意。

f:id:GoToSeven:20180612184723p:plain

敵の猛攻に飛びこむストレスから生還した時、最高の爽快感・達成感が味わえるようになっている。

 

また全バトル終了時のターン数が少ないほど、上位となるランキングシステムも対応。

より”ぎりぎり”なプレイほど称賛されるようになっているので、是非ランクインを目指して頑張ってほしい!!

 

公開先

f:id:GoToSeven:20180612190814g:plain

 

▼▼プレイはUnityRoomで!WebGLなのでブラウザ上で遊べます!▼▼

HP1の勇者 | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

 最後に

と、ここまで書いといて何だが・・・

この私VeLTiNAは、難易度に関する一切を、プログラマーの26℃たんに投げてしまったので、難しくてクリア出来てない。

 

f:id:GoToSeven:20180612182843p:plain

 

最後に「UNDERTALE」・・・名作と名高いしMOTHERも好きなので『いつかやろう!』と思ってはいるけど・・・まだ未プレイ。

ネタバレ嫌いだし、プレイ実況動画を観て検証するかどうか悩んだけど、バズリスト(デュエリスト風に)のトモぞヴPさんが「逆sansだ」とツイートしてたので、検索して観た。たしかに似てる!!

 

 次のアップデートで、敵の攻撃はそのままに、プレイヤーの当たり判定小さくします。

遊び方の追加やツイートが捗る変更も入れてます。

 

余談

最近、UnityRoomの1週間ゲームジャムで作った「積む積みアクションRPG パンドラ」を、「パンドライド (Pandoraid)」と名称変更して、Android向けに無料公開しました!皆で遊んで下さい!お願いします!お願いします!!

 

無料ローグライク・アクションRPG「パンドライド (Pandoraid)」
※現在Androidのみ配信&iOSは近日配信予定

[GooglePlay]

play.google.com


Rogue-Like ActionRPG Pandoraid PV2

gotoseven.hatenablog.com

 

プライバシーポリシーについて

プライバシーポリシー

GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)は、以下のとおり個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底することにより、個人情報保護指針を遵守いたします。


個人情報の管理
GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。


個人情報の取得
情報の内容によっては個人情報に該当しない場合もありますが、GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)は、お客さまの情報の取り扱いに十分配慮するものとします。

個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、各アプリケーションソフトウェア内でのデータ保存、ランキングのみに利用します。


個人情報の第三者への開示・提供の禁止
GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

・お客さまの同意がある場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために、GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合


個人情報の安全対策
GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。


ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。


法令、規範の遵守と改善
GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。


お問い合せ先
GoToSeven(ゴー・トゥ・セブン)の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

メールアドレス:527dev@gmail.com

最近、Unityを始めた初心者と共にUnity1週間ゲームジャムをがんばるぞい!

VeLTiNAです。

f:id:GoToSeven:20170601115642p:plain

 

 10年来の付き合いがある知人の「Hazki」が、Unityの参考書を見ながらUnityを始めたというので・・・

Unity1週間ゲームジャムが、そろそろ始まるしやろうぜッッ!!!!(強めに)」と誘いまして、強制参加する事となりました。

 

ちなみに私ことVeLTiNAさんは開催前日まで「福島ゲームジャム」のメイン会場(福島県南相馬市)で2日間ぶっ通しでゲーム作っていたので、3日目もゲームジャムとなり、個人的には週の前半は死にかけていました。

企画をたてるぞい!

f:id:GoToSeven:20170828042550p:plain

今回のお題は「フロー」、英語表記ではなかったので色々ネタを考えられました。

制作メンバー

グラフィックとディレクション私(VeLTiNA)

プログラマーは知人のHazki

以上の2人。

そして、HazkiはUnityを始めたばかりに加えてゲーム制作経験も殆どないので、その不足分はグラフィックやサウンドでカバーできる企画が必要です

 

企画案

纏まったのは”アフロを人にかぶせる”。

更にゲームのイメージを固める為、「フロー(Flow)」を英語辞書でも調べました。

・人や車がぞろぞろ通る

・感情が湧き出る

・音楽・交通が切れ目なく流れる

等があり、流れるようにやってくる群衆にアフロをかぶせまくるリズムゲームに近いけどリズムは無視するミニゲーム企画となりました。

ギミック自体は殆どないですが、Unity初心者でも1週間でゲーム作って参加できるんだ!と言う自信に繋がるゲームにしたいと思いました。

 

 企画を面白くするには絵と音

ギミックのないゲームを面白く遊んで貰うには、やはり絵と音は重要です。

画像素材

f:id:GoToSeven:20170828144936p:plain f:id:GoToSeven:20170828144950p:plain

JK と ペンギンは趣味で作ってたのがあったので、ちょいちょいです。我は賢いので。

ただ、これだけだとゲームの盛り上がりに欠けるので、”ゲームのアイコン”になるアフロの神様が、実況風に盛り上げてくれるようにしました。

f:id:GoToSeven:20170828145033g:plain <ノリノリだZE☆

 

モック作成へ

f:id:GoToSeven:20170828143402p:plain

いつもは大体な感じのモックなので、ここまでガッツリ作る事はあまりないです。

プログラマーがゲーム制作初心者と言う事もあり、修正が少なくて良いようシッカリ目に作りました。

サウンド素材

メインBGM1分程度&ノリノリの曲を探していたのですが、すぐに良い物があったので採用。途中テンポが変わるので、それもゲーム内に反映させています。

それに合わせてOP用とリザルト用、BGM全3曲

アフロをかぶせるとき、リザルトでアフロをとる時、SEは全2曲

メインBGMのパワーが強いので、他は控えめになっています。

完成

タイトル画面

f:id:GoToSeven:20170828152121p:plain

ゲーム画面

f:id:GoToSeven:20170828152239p:plain

ゲーム結果画面

 

f:id:GoToSeven:20170828152259p:plain

ランキング画面

f:id:GoToSeven:20170828152354p:plain

 

1週間ゲームジャム終了の2時間後に公開となり、少し遅刻しましたが・・・

初作品としては良い出来なのではないでしょうか。

 

作品ページ

以下のUnityroomサイトで遊べます!!

JK & ペンギン アフロSUSHI | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

https://unityroom.com/games/afrosushi

再調整しつつAndroid版に向けて開発続行中!

 

f:id:GoToSeven:20170601111207p:plain

GoToSevenの作品も目下開発中であります!進展があればTwitterやブログにも書きますので宜しくおねがいしゃす。

 

VeLTiNA

twitter.com

積む積みアクションRPG 【パンドラ】 の開発話

f:id:GoToSeven:20170701022644p:plain

 

 

お久しぶりです。

f:id:GoToSeven:20170601111207p:plain

Go To Sevenのディレクター兼デザイナー

f:id:GoToSeven:20170601115642p:plain

VeLTiNAです。

 

今回も開発の話をブログに纏めました!

ないちさん取り上げて下さい!

 

参加のキッカケ

ぶっちゃけると24日~25日と『Japan XR Hackathon』の岡山会場運営と開発に参加するので、「週末は時間使えないし参加しなくてもいいかなぁ・・・」と思っていた所・・・

 

26℃氏が参加すると言うので・・・(前回と一緒)

 

テーマは「積む」

26℃氏当初の企画では、プレイヤーはテト●ス風のブロックを積み、CPUキャラを導き、ブロックに埋まっているパンドラの箱を開けると敵が出るけど高スコアが得られると言うゲームでした。

 

ただ、今回のテーマは「積む」と言う事で、多くのゲームが「直接的な意味合いのミニゲームになるであろうと予想し、「経験を積む」という意味を込めてRPG要素も入れ、パンドラの箱モンスターハウス化の位置付けにしました。

ランダムで落ちるブロックも、フロアの自動生成みたいな物(?)なので、ローグっぽい面白さもあるかなと思いました。

宝箱も自ステータスをアップさせる物、回復させる物、敵を殲滅する物などがあります。

 

f:id:GoToSeven:20170701025839g:plain

 

どうせやるなら初挑戦!

個人的にやりたいと言うか目指していた物があったので組み込んで貰いました。

1.ランキングデータをメインゲーム内に反映させたい

前回の一週間ゲームジャムで、ランキングをゲーム内に反映させていたゲームが幾つかあり、よりオンラインゲームをしている感があっていいなと思っていたので、今回はゲーム内にも反映されるよう、ランキングに載ってる人は死んだフロアに「お墓」が登場する仕掛けを入れています。

例えば、キャラ名をもょもと」がLV48の状態で、4Fで死んだ場合・・・

4Fの階層に登るともょもと LV48 ここにねむる」というメッセージが出るお墓が登場します。

2.スマホ向けに縦画面にしたい

未だにスマホは持ってないのですが、縦画面ユーザーが多いデータもあり縦画面向きのゲームを考えていました。

縦画面だと使わないエリアが作りやすく、かねてより入れてみたかった仮想パッドをぶち込みました。

※気持ちよく操作できるかは・・・まだ検証前ですが・・・。

3.広告エリアを作ったり、広告表示を意識したデザインにしたい

 縦にする事で、広告エリアを作れそうなので暫定的に上部に取ってます。

また、このゲームは死=ゲームオーバーなのですが、広告を見る事で一時的な保存1度だけ復活するチャンスを設けられそうです。

 

f:id:GoToSeven:20170701024921p:plain

 

個人的に挑戦した事

1.過去作のリバイバル

初期名が「ライア(女)」になってて、皆さん「誰だ!?」という方が殆どだったと思うので一応説明

私ことVeLTiNAは、26℃氏以外のプログラマー10年ほど前に「RIAH -ライア-」と言うアクションゲームを作りました。その主人公が「ライア」です。

当時のプログラマーお遍路巡りで逃亡連絡がつかなくなり、結局自分でプログラムする事になったのですが大幅にボリュームダウン。当初の企画では悪魔城ド●キュラみたいになる予定でした。

 

さておき、久しぶりに10年前のドット絵を観返していたのですが・・・なんかオカシイのでデカドットも作り直しました。

 

f:id:GoToSeven:20170701025509p:plain

この「ライア」は、WishDragon+で「アイラ」と言う名前で登場しているので、メインゲーム時のキャラはほぼWishDragon+の物です。

 

2.9スライスに挑戦

枠を作るのは9スライスが良いと言う話を聞いていたのですが、実際に試した事がなかったので、ないちさんのランキングを弄る過程で初挑戦

なかなかキレイにできました。

見た目ボタン風な奴でもマップチップみたいな奴でも使えそうです。

3.フォントを綺麗に表示したい

前々からドット絵風フォントが使えないなと少し不満があったのですが、少しはキレイに表示できるようになりました。

 ↓フォントサイズを100位にしてます。(不正解かもしれませんが)

f:id:GoToSeven:20170701025701p:plain

まとめ

RPGは作り慣れたジャンルですが、やはりというか・・・

RPGを作るのは大変ですね。

 

特に内部メッセージ関係は、Unityの得意とする所ではない気がしました。

CSV等の外部データを読み込み、それを参照するような作りが必要です。

 

今回の作品で、WishDragon+の移植に一歩近づいたような気はしますが・・・次はファミコン風シェーダーかな。

 

26℃氏曰く・・・

今回は技術的な話はなさそうです。

 

余談

f:id:GoToSeven:20170701030839p:plain

今回のスタッフロールネタは、お気付きの方がいないかもしれませんが・・・落雷で骨がむき出しになるネタを入れています。

f:id:GoToSeven:20170701030707g:plain

 

 

前回、Unity collaborate最高みたいな事を言いましたが、今年の10月で無償・無制限期間が終わるそうです・・・。

今後は無償で使うなら少しキツめの制限がかかりそうです。

今後はプロジェクト次第で、Gitへ移行も考えてます。

 

 

 \それではまた!/

 f:id:GoToSeven:20170601115642p:plain

 

肝心なゲームのURLはコチラから

積む積みアクションRPG 【パンドラ】 | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

Google Play デベロッパー登録完了

f:id:GoToSeven:20170618104726p:plain

 

つい先ほど、Google Play デベロッパーの登録が完了しました。

 

初めて尽くしで分からない所ばかりですが、何卒よろしくお願いいたします。

 

GoToSeven

VeLTiNA

Unity1週間ゲームジャムの開発話 技術編

f:id:GoToSeven:20170601234818p:plain

自己紹介

GoToSeven、代表兼プログラム担当の26℃です。

f:id:GoToSeven:20170602012445p:plain←こんなアイコンで活動してますが特に変態ではありません !

今回作ったTheDango!について技術的な話を中心に書いていきます。

TheDango! | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

  ダンゴムシ

Unity 1週間ゲームジャムのお題が転がるということで思いついたのがハリネズミです。

TVでハリネズミの特集(ヒゲじいがでるやつ)を視聴した直後だったもので…

しかしハリネズミではパンチが足りないと考え、丸まる別の生き物ダンゴムシを作ることにしました。

そしてVeLTiNA氏に相談もなく作り出したのがこれです、

パンチがある=キモイ という考えなので脚のアニメを無駄にリアルにしてます。

 

ご覧の通り脚が丸いコライダーWheelJoint2Dとなっています、このコライダーを使うことで段差などがあっても乗り越えることが容易になりました。

ダンゴムシの上にダンゴムシが這い上る、壁に登るなどの行動もWheelJoint2Dで再現できます。

タイヤが地面に接触しているときに重力を切りダンゴムシの腹の向きのベクトルにAddForceを使い引き寄せています、引き寄せることでタイヤが地形に密着し動くことが可能となりました。

f:id:GoToSeven:20170602021612p:plain

交尾してるダンゴムシをタッチして邪魔する陰湿な遊びも考えたのですがおぶさったまま動くのはちょっと面倒なので止めました。

f:id:GoToSeven:20170602114436j:plain愛を育むダンゴムシの図(偶然)

 

WheelJoint2Dなのですが、設定が難しいですねタイヤのmassの値をちょっと変えるだけで挙動が変わります。

さらにこのダンゴムシにはバグがあります…

ダンゴムシには5つのアニメパターンがあり

アニメでタイヤを非表示、位置調整などしていたのですが

裏返りじたばたするアニメのタイヤのPositionのアニメキーを削除または値を変えると

f:id:GoToSeven:20170602103727p:plain

走っている挙動が不安定になり、空中に回転しながら舞い上がる謎のバグが発生するんです…なんで?

f:id:GoToSeven:20170602103524g:plain

裏返りじたばたするアニメは再生されてもないのに、こう影響するのはスクリプトのせいかなぁ。

アプリ版でもだそうと考えているのでその時までには解決しときたいです。

 

ダンゴムシのAIについても少し触れておきます。

ダンゴムシは正面にひたすら歩くだけです、放っておけば壁や天井も這って行きます。

脚となるタイヤが地形に触れていないと判断すると、重力を戻し落下させています。 

地形と速度の影響で体が裏返ってしまうとジタバタアニメになり体をくねらせもとに戻ります、そのとき進行方向が逆になります。

体のコライダーに強い衝撃を感じたらすぐに丸まります、体に地形が触れていないのに丸まるときがあるのですがそれはバグです(虫だけにゆるして)

  ステージコース

最初はBoxCollider2Dを利用してコースを作ったのですがコースを作るたびBoxのオブジェクトが増え編集しずらく、BoxとBoxの境目ができて見栄えが悪いという理由からEdgeCollider2Dをつかうことにしました。

EdgeCollider2Dは編集が簡単でオブジェクトを増やす必要がなくコースを作るのに最適です。

EdgeCollider2Dは自前で表示させる必要があるので頂点データをそのままLineRendererに利用しステージの線を表示しています。

  UI

ボタン・秒速・時間の表示位置の設定でCanvasを利用しました。

RenderModeでScreenSpace-cameraにするとカメラがダンゴムシを追って動いても

UIのボタンや文字は常にカメラに収まります。

これまでカメラが動くゲームをunityで作ったことがないのでこれがはじめての試みでした。f:id:GoToSeven:20170602025309j:plain

  ランキング

ゲームを白熱させる要素としてランキングは大事な要素となると思います。

今回のゲームジャムのために主催者であるnaichi氏が公開されたサンプルを組み込みました。

blog.naichilab.com

サンプルをそのまま利用しようと考えたのですがゲームデザインにこだわるVeLTiNA氏に押し負けちょっとだけデザインを変更することに。

サンプルをみるとここでもCanvasが使われておりたいへん勉強になりました。

ランキングを実装した結果ですが、狙い通り熾烈なTOP争いが繰り広げられています。

見所

ゲーム要素としてタイムアタックモードを導入しましたが、タイトル画面が一番の見所なんですよ。

ダンゴムシボタンを押すとダンゴムシが落ちてきてじっくり鑑賞できちゃいます。

制作者のロゴを絡ませるのがGoToSeven製の流儀なので上から落ちてくるんですが、まぁぶっちゃけるとダンゴムシ鑑賞の邪魔かなぁとおもったり…

 

動画だと100匹落ちてきてますが、WebGL版はメモリの負担を考えダンゴムシ20匹ぐらいしか表示できないようになってます。

たくさん落としても面白いですが、3匹ぐらいを眺めるのが丁度いいかと思います。

最後に

ゲームジャム面白かったです、参加者のゲームも刺激になるものが多々ありました。

多すぎてまだやってないのも沢山…

また次のお題がでたら参加してみたいですね、3Dゲームとか興味あるんですが1週間じゃさすがに無理かな。

前もって勉強しておきたいですがその暇がいまのところないですね、とうぶん2Dゲームつくっていきます。

いち推しゲーム

Coin GoIN | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

コインの入る穴の当たり判定でかくしてるんだろ?と思ったら判定が予想以上にちいさくて難しくムキになってクリアできるまでやってしまった…

リレーショナーしげる | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

こういうノリのゲームすき。

SynCube | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

2つの箱を操るゲーム、よくできてる。

転がる偉大な英国面 | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

ひたすら逃げるだけなのにこんなに面白くなるんですね。

ピン男 | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

難易度高すぎて未クリアですが、逃げ惑うピンがとても面白い。

石を転がして戦うやつ | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

一番はまったゲーム(弱いキャラをムキになってレベル上げした)

ゲームバランスをよくしたら俺が幸せになれた。